象印さんの炊飯器2016年度版

2016年度の象印さんの商品ラインナップです。
詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 象印さんの炊飯器の特徴と選び方

極め羽釜


象印 南部鉄器極め羽釜 5.5合 NW-AS10
◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:鉄(南部鉄器)
内釜保証:3年
液晶表示:大型バックライト液晶
その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数17*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き
外形サイズ(㎝)/質量(kg):30.5×40×24.5/約11.5

◇発売日◇2016年8月21日
*白米(炊き分け5通り)、エコ炊飯、鉄器おこげ、白米特急、白米急速、極め炊き込み、やわらか、おかゆ、お弁当、すしめし、熟成炊き(白米、玄米)、金芽米、湯の子、雑穀米、雑穀米かゆ、玄米、玄米がゆ

前回モデルとの一番の違いは、
●内釜のデザインがちょこっと変わりました。
AS01.jpg
AS02.jpg
(象印さんのパンフレットより)

羽釜の羽の部分が大きくなりました。
パンフレットによると、側面加熱を強化したことによって
火力が従来の1.25倍になったそうです。

火力のアップは「ごはんのおいしさ」に直結します。
簡単に言うと、
「従来品より味のあるごはんが炊ける」ってところでしょうか。

特に、甘み成分が約68%アップってのが大きいですね。
象印さんのごはん、
正直言って、味があまりないので
(あくまで個人的な意見です)
この部分が改善されたのであれば
素晴らしいと思います。

●ボディーデザインが変わりました。
底が浅い内釜を採用しているので、
5.5合に対応しようとすると
どうしても幅広なボディーになるため、
どうしても見た目は他社炊飯器より
大きくなってしまってましたが、
今回のデザインは上部をシェイプしたことにより
大きさを感じさせない、すっきりした印象です。

スッキリした感じはありますが、
実は全体的にサイズは大きくなってるし、
重くなってます。

こうやってみると、
デザイン一つで見た目の大きさが
変わるもんですね。
やっぱボディーデザインって重要。

●スマートクローズ
上ぶたについてるボタンと別に
側面にも開閉ボタンがついてます。
こちらのボタンは軽く触るだけで
ふたが開閉できるので
使い勝手によって、どちらのボタンを使ってもOK

●蒸気口は本体にくっついた
蒸気口が本体に取り込まれて一体型になったため
この部分を取り外して洗う必要がなくなりました。

それって一見便利になったように思われますが・・・

AS04.jpg
上ぶたの裏側の蒸気口付近に空洞があり
そこに水分が残るので、
この部分は放置するか
拭き取るかの2択になります。

圧力タイプは沸騰温度が高いので
蒸気口付近にあまりおねばが上がってこないのですが、
炊込みごはんなどをやった時には
調味料や油が湯気と一緒に上がってくるので
この部分は取り外して洗えた方が
後々まで清潔に使えると思います。
(あくまで個人的な意見です)

●炊飯メニューが微妙に変わった。
何がどう変わったかは、下のリンクでご確認を(^^;

前年モデルとの比較はコチラへどうぞ⇒象印さんの炊飯器2015年度版

finger01.gif象印 南部鉄器極め羽釜 5.5合 NW-AS10の価格情報はコチラ
Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング



象印 圧力IH炊飯器 極め羽釜NW-AA10
◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:ステンレス鋼、アルミ
内釜保証:3年
液晶表示:バックライト液晶
その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数16*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き
外形サイズ(㎝)/質量(kg):30.5×40×24.5/約11.0

◇発売日◇2016年8月21日
*白米(炊き分け5通り)、エコ炊飯、おこげ、白米特急、白米急速、極め炊き込み、やわらか、おかゆ、お弁当、すしめし、熟成炊き(白米、玄米)、金芽米、雑穀米、雑穀米かゆ、玄米、玄米がゆ

上記「AS10」との違いは
内釜が「南部鉄器」か「ステンレスとアルミの多層釜」か、です。

消費電力が同じなので、おそらく内部構造は同じだと思いますが、
内釜が違うと、発熱の仕方が全く違います。

IHの発熱効率がいい鉄とくらべると
ステンレスは発熱効率はあまりよくないし、
熱伝導率もそれほど良くない。

火力でごはんの味は決まりますので、
たかが内釜ですが、かなり重要です。

パンフレットには「鉄器コート」として
表面に鉄をコーティングしている旨が書いてありますが、
塗ってるだけの素材に対しては
発熱効率には影響しないと考えてます。
(あくまでも個人的な意見です)

約1%高めって、誤差の範囲でしょうに・・・

ただ、南部鉄器に比べて
こちらの内釜は非常に軽いので、
使い勝手はいいです。

なので、どうしても極め羽釜がほしいけど
南部鉄器だと重すぎて使えない・・・
って方はこちらで宜しいのではないでしょうか。

その他の違いは
●スマートクローズなし

前年モデルとの比較はコチラへどうぞ⇒象印さんの炊飯器2015年度版

「ブラウン」色もあり。
象印 圧力IH炊飯器 極め羽釜 NW-AA10の価格情報はコチラ
Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング


豪熱羽釜


象印 圧力IH炊飯器 NP-YT10

◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:ステンレス鋼、アルミ
内釜保証:3年
液晶表示:オレンジ液晶
その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数13*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き
外形サイズ(㎝)/質量(kg):27.5×34.5×23.5/約6.5

◇発売日◇2016年 6月21日
*白米(炊き分け5通り)、エコ炊飯、おこげ、白米急速、極め炊き込み、やわらか、おかゆ、すしめし、熟成炊き(白米、玄米)、金芽米、雑穀米、玄米、玄米がゆ

昨年この形がデビューして、
今年で2年目のモデルになります。

象印さんが蒸気口一体型を初めて採用したのも
このモデル。
内釜はこんな形になってます。

表面に鉄を塗って、
側面にステンレスリングを施し、
ちょっと羽釜っぽく見せた感じになってます。

象印さんのパンフレットによると、
この部分をヒーター(非IH)で加熱することによって
炊きムラをおさえるそうです・・・
YT01.jpg
(象印さんのパンフレットより)

IH発熱ならここに発熱体をくっつけるのに
利点を感じますが、
普通のヒーター加熱なので、
わざわざ熱伝導率の悪いステンレスを貼る必要が
わからない。
熱伝導率のいい銅を貼るなら意味がわかるけど。

何だか「羽釜」っぽく見せただけの
イメージ戦略を匂わせた感じのする炊飯器。
ってのが、私の印象です。

まあ、ボディーデザインがいいという方には
このタイプ、いいんじゃないですか。
羽釜タイプよりコンパクトだし。

まさに「デザイン」にお金を出す!
それくらいのレベルだと思います。

象印さんのご飯のおいしさを求めるなら、
南部鉄器のタイプの方が火力高いし、
もっと値段の安い物を探してるのなら、
これよりランク下の物でも全然問題ないと思います。
(あくまでも個人的な意見です)

finger01.gif象印 圧力IH炊飯器 NP-YT10の価格情報はコチラ
Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング


関連記事

t_rice_a01.jpg


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今月よく読まれている記事
価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: