おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  炊飯器小話 >  買ってきた炊飯器を使うまえにまずやってほしい事

買ってきた炊飯器を使うまえにまずやってほしい事

炊飯器を買ってきて、箱から出して
まずやることといえば

内釜や内ぶた、しゃもじなどを洗う。

と思います。

それ、かなり重要ですが、
それくらい重要なことがあります。

買ってきた炊飯器の初期設定を見直そう


なんだか、小難しいこと書きましたが、
早い話、「一番おいしく炊ける設定をしましょ♪」
ってことです。

ekisho_01.jpg
例えば、この画像の炊飯器の場合、
箱から出したばかりだと「エコ炊飯」の設定になってます。

ekisho_02.jpg
大体の炊飯器は、一番左側に表示されてるモードに
初期設定されてる場合が多いです。

「エコ炊飯」は電気代をかけないで炊くモードなので
正直「おいしく炊く」ところは省略されています。

せっかく新しく迎え入れた炊飯器ですから
その力をフルに発揮してもらうべく、
おいしく炊けるモードに変更しましょう。

画像の機種(SR-HB104)の場合は
エコ炊飯の隣にあります「銀シャリ」モードが
まさしくそれです。

この機種の場合、「コース選択」ボタンで
設定することができます。
大体の炊飯器はそういうボタンがついてますので
取扱説明書を確認してみてください。

そして、1回設定すると、次回からは
再度設定しなくても、ずーっとそのモードで炊いてくれます。
最初のひと手間でごはんはう〜んとおいしくなりますので
やらない手はない♪

ちなみにフルドット液晶の場合は
コンセントに差し込んでみないと
液晶部分が表示されませんので、
通電してから確認、設定をしてください。

余談ですが・・・
炊飯器を新しくしたらごはんがマズくなったという方、
その原因ももしかしたら
初期設定の「エコ炊飯」のままで炊飯しているかもしれません
炊飯器が自分に合わなかったと嘆く前に
設定を見直してみてくださいな。

なぜ「エコ炊飯」モードが初期設定なのか


最近の炊飯器は大体
初期設定は「エコ炊飯」になっています。

なんでやねん!!
「一番おいしく炊けるモード」を初期設定にしないのは不親切だ!
と思う方も多いと思います。
「エコ炊飯」が初期設定なのには訳があります。

それは「エコ」をイメージさせる企業の戦略なのです。

例えば、省エネを基準で炊飯器を探してると
チェックするところって、「省エネ基準達成率」だと思います。

shoene.gif
この「省エネ」度合を測るのは、工場出荷時の設定なのです。
メーカーも、なるべくいい数値がほしいがために
考えられたのが初期設定を「エコ炊飯」にすることなのです。

「省エネ基準達成率」について
詳しくはコチラへどうぞ⇒省エネ基準達成率のからくり

まるで排ガス規制検査用のプログラムを搭載しちゃった
フォルクスワーゲンと一緒じゃん!って
突っ込みたくなりますが。

メーカー側の言い分としては
エコ炊飯とは「電気代をかけないで炊きたい方用モード」
として搭載しており、そういう方には
重宝してもらえる設定という位置づけであって、

決して「いい数値」をもらうためのプログラムだなんて
さすがに言わないですよね┐(´д`)┌

それなら「おいしく炊けて、省エネな炊飯器」を
開発してほしい♪
って、消費者は率直に思います。

消費者側もメーカー側の「いいですよ〜」が
本当に有益なのかを判断する事が必要だと思います。
※あくまでも個人の意見です。


関連記事

t_rice_a01.jpg


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今月よく読まれている記事
価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: