象印さんの炊飯器2015年度版

2015年度の象印さんの商品ラインナップです。
詳しいメーカーの特徴はコチラ⇒ 象印さんの炊飯器の特徴と選び方

極め羽釜

昨年は7月にリニュアルしましたが、
今年は6月に新モデルを発売しました。
今年の「極め羽釜」は大幅な改善点はあまりないような気がします。

象印 南部鉄器極め羽釜 5.5合 NP-WU10
◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:鉄(南部鉄器)
内釜保証:3年
その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数16*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き
外形サイズ(㎝)/質量(kg):29.5×36.5×24/約8.5

◇発売日◇2015年 6月21日
*白米(炊き分け5通り)、エコ炊飯、かまど極め、熟成炊き(白米、玄米)、白米特急、白米急速、極め炊き込み、やわらか、おかゆ、すしめし、湯の子、金芽米、雑穀米、雑穀米かゆ、玄米、玄米がゆ

まず、旧モデルとどの辺が変わったのかを
見ていきたいと思います。

●うるおい二重内ぶたの穴が変わった。
二重内ぶたの構造を見直して、沸騰時の火力を
約1.3倍に高めた。との事です。
hagama2015_01.jpg

因みに、旧型はこんな形をしています。
hagama2015_03.jpghagama2015_02.jpg
内ぶたの材質は変更なし。
穴の数が少なくなりました。

象印さんの二重内ぶたは、ふたヒーターの熱を
直接あてない様にするためにあるもの。
見た目は真ん中の穴をなくしただけで
火力を変えたとの主張ではございますが・・・

●おひつボールがなくなった?
「おひつボール」という文言がなくなりました。

そもそも「おひつボール」って内ぶたについてる
圧力ボールの事を象印さんではその様に呼んでいるだけです。
これは新型にもついてるので、
なくなったわけではありません。

●「やわらかごはん」メニューができました。
炊飯メニューに「やわらか」が加わりました。
「やわらか」と「よりやわらか」を選ぶことができます。

●「おこわ」、「分つき米」、「分つき米かゆ」メニューがなくなりました。

と、まあ劇的な変更点はありません。
パンフレットには「炊飯したごはんの粒の大きさ比較」を
載せていますが、
ごはん粒を約2.5㎝に拡大して、その差が約1.5ミリなので
通常じゃあわかりませんね┐(´∇`)┌

前回モデルとの比較はコチラへどうぞ⇒象印さんの炊飯器2014年度版/NP-WT10

finger01.gif象印 南部鉄器極め羽釜 5.5合 NP-WU10の価格情報はコチラ
Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング


象印 圧力IH炊飯器 極め羽釜 NP-WD10
◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:ステンレス鋼、アルミ
内釜保証:3年
その他機能:7通り炊き分け圧力、炊飯メニュー数15*、極め保温(40時間)、再加熱、蒸気セーブ(約80%カット)、わが家炊き
外形サイズ(㎝)/質量(kg):29.5×36.5×24/約8.0

◇発売日◇2015年 6月21日
*白米(炊き分け5通り)、エコ炊飯、おこげ、熟成炊き(白米、玄米)、白米特急、白米急速、極め炊き込み、やわらか、おかゆ、すしめし、金芽米、雑穀米、雑穀米かゆ、玄米、玄米がゆ

上記「WU」との違いは
内釜が「南部鉄器」か「ステンレスとアルミの多層釜」か、です。

こちらの旧型との違いは以下になります。
●内釜に「鉄」コーティングをしました
こちらは、旧モデルと比べて、
内釜の外側に鉄をコーティングして、より「発熱効率」を上げたとのこと。

コーティングってのは「塗ってる」だけであって、
その部分がIHと反応して発熱するのかどうかは疑問です。

あとは、南部鉄器「WU」タイプと同様
内ぶた部分の変更と、炊飯メニューに「やわらか」ごはんが入り、
「おこわ」、「分つき米」、「分つき米かゆ」がなくなったところです。

前回モデルとの比較はコチラへどうぞ⇒象印さんの炊飯器2014年度版/NP-WB10

「ブラウン」色もあり。
finger01.gif象印 圧力IH炊飯器 極め羽釜 NP-WD10の価格情報はコチラ
Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング



関連記事

t_rice_a01.jpg


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今月よく読まれている記事
価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: