おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  機能比較 >  圧力式炊飯器がなぜ人気があるのか

圧力式炊飯器がなぜ人気があるのか

「圧力式炊飯器」を初めて商品化したのは三洋電機だそうです。
今は中〜高機能タイプの中では主流となっていますが、
発売した当時はキワモノ扱いだったらしい(笑)
でも、開発から何十年も経った今はすっかり消費者に受け入れられてます。

まあ、業界初って最初はバカにされるってパターン多いよね(*´Д`)

そんなうんちくはおいといて

じゃあ、圧力式で炊いたごはんってどんなものなのか。

その答えとして、
一番わかりやすい変化で言えば、ごはんがもちもちになります

「圧力式」と言っても、圧力なべみたいにガッツリ圧力をかけるわけでなく、
内釜に大体1.1〜1.3気圧をかけて炊き上げます。

「圧力式はおいしく炊けますよ!!」って販売員は声高に叫んでますが、
その理由ってのが下記によるものです。
①圧力をかけることによって米の芯まで熱をしっかり伝え、ふっくらと炊き上げる。
②圧力をかけることによって沸騰温度が高くなり、でんぷんのα化が進んでご飯の粘りや甘みが増す。
③圧力変化が大きくなることによって撹拌(かくはん)効果が増し、炊きむらが少なくなる。

――NHK出版、家電製品アドバイザー資格”商品知識と取扱い、生活家電編”より抜粋――

まあ、その通りです。
ただ、圧力をかけりゃーいいってもんでもなく、
気圧が高すぎると米の粒がつぶれてふにゃふにゃになったりしますので、
現在は最高でも1.3気圧(沸騰温度107℃)のようです。

まず、①に関してはごはん粒は明らかに大きめに炊き上がります。
②は「圧力だから!」って言いきれないところがあります。
これは内釜の発熱が上手かどうかってところもあるし、ひたし方も
関連してきます。

③について
ちなみに圧力式は内蓋にこういうものがひっついてます。
uchibuta.jpg
この「圧力調節ボール」が最初蒸気口をふさいで内釜内の気圧を上げて
一定の気圧に達したらこのボールが上がって中の気圧を下げます。
これらをやることによって③の効果があるわけなのですが、
その時に釜内の蒸気を吹きだす音がします。

圧力式の音がうるさいという理由がそこです。

特に、最近出ている「可変圧力」タイプというのが、
この圧力をかけたり抜いたりするのを何度も繰り返すので、

蒸気の音とか、ボールが落ちる音が頻繁にします(+_+)

なので、うるさいのはちょっと・・・という方には
あまりお勧めできないかもしれません。
例えば朝炊きあがるよう予約してる場合、早朝に
ぷしゅぷしゅ、ガタガタって台所から音がするわけですから(^^;

まあ、そこんところは人それぞれの感覚なので、
それよりも、白米がよりおこわっぽくもっちりしたごはんに炊き上がるのは
確実
ですので、そういうご飯がお好きな方なら断然お勧めです。
日本人って「もち」をはじめ
弾力のある食感が好きな方が多いため、
「圧力式」が現在多くの人に受け入れられています。

ただ、「もちもち」が「やわらかい」って感じる方もいらっしゃるので、
しゃっきりすし飯系のごはんが好きな方は圧力にこだわる必要はないと思います。

厳密にいうと、「もちもち≠やわらかい」なんですが(^^;
その違いを私の感覚で言うと
水分が多く、そんなに噛まなくても口の中で溶けるのが「やわらかい」
ごはんの粒自体に弾力があるのが「もちもち感」

なんですが
皆さまに伝わりますでしょうか・・・

もう何年も前に「三菱」さんが圧力式をやっていた時の
実演ごはんを食べたときの
あの「ごはん粒がつぶれてなく、しっかりしているのに噛むと弾力がある」
そんなごはんに衝撃を受け、
もちもちとやわらかいは別物ってのを思い知りました。

今は三菱さん圧力出してないけど・・・
私は個人的には好きだったなあ〜(遠い目

そんな余談は置いといて ^^) _旦~~

何だか圧力式だけで説明が長くなったので、
その他の機能は次回に書くことにします。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: