おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  炊飯器用語 >  マイコン式ってなに?IH式ってなに?

マイコン式ってなに?IH式ってなに?

マイコン式、IH式とは炊飯器の加熱方法です。
現在の炊飯器は
大まかにいって、この2種に分かれます。

まずマイコン式は昔からある方法で、
単純に鍋に熱を加える方法です。
図にするとこんな感じ。

mc.gif

ガスやかまどに火をくべて炊く方法と
考え方は同じなのですが、
電気は実は熱を出すのが苦手(^^;
温度が上がるのに時間がかかるんですよね。

おいしいご飯と言われている
ガスやかまど炊きと
根本的な炊き方は同じなのですが、
実際に鍋に火をかける方が
中身を沸騰させる時間が圧倒的に速い。
そこでごはんのおいしさの違いがでてきます。

それに比べて、
IH方式は磁力線を内釜に当てて発熱する方式です。
こちらも図にしてみます。 

IH.gif

大まかに描くとこんな感じ。
マイコン式と比べて、
このIH式の方が熱の立ち上がりが早いので、
最近の電気釜はこちらが主流になってます。

「はじめちょろちょろ、中ぱっぱ」
というのがおいしいご飯の炊き方といわれてますね。

「はじめちょろちょろ」とは
最初の火加減を
それ程強くしない事によって
ごはんのでんぷんが甘みを引き出したところで、
「中ぱっぱ」→火力を最大限に上げて炊き上げるわけです。

かまどやガス釜はこの辺りがちゃんとできるので、
おいしいご飯が炊けると言われてます。
昔のマイコン式は
ここの調節がイマイチだったので、
「おいしさ」に関しては劣ると言われてきました。

しかし、IH式だと
この辺の細かな温度調節が可能になったので、
昨今ではガス炊きやかまど炊きに
ひけをとらないくらいの
ごはんの味を出すことができてると思います。

やはりおいしいご飯を食べたい!という方は
IH式がお勧めです。

特に普及版の5.5合や1升タイプだと
マイコン式は熱の立ち上がりが遅い分
釜内の温度ムラも大きいため
炊きムラが出やすいです。

マイコン式はそれこそ味わい関係なく
「でんぷんがα化したごはん(笑)」であればいいって方なら
いいんじゃないでしょうか(^^;
価格も5.5合炊きで5000円くらいで
販売されてることもありますし。

ただ、3合炊きなどの
小容量タイプは釜内が小さいので
マイコン式とIH式の差は
それほどでもありません。

3合釜に関しては
実際に管理人が炊飯実演して
検証しました実録がございますので
詳しくはコチラをご覧ください。
【炊飯実演】マイコン釜とIH釜はそれほど差はあるのか?

3合炊きに関しては
あまり加熱方法まで深くこだわらなくても
いいと思います。

ただ、小容量釜でもおいしさを求めるならば、
現在このサイズの高級釜も出ていますので、
中途半端なIH釜より、そちらをお勧めします。
ごはん好きの方におすすめの3合炊き炊飯器

関連記事

kama.png

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今月よく読まれている記事
価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: