おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  機能比較 >  玄米を炊くならやっぱり「圧力式」がいい

玄米を炊くならやっぱり「圧力式」がいい

玄米をふつうの炊飯器で炊くと
パラパラしていて、口の中に入れると
何だかモソモソしていて食べにくいですが、

圧力釜で玄米を炊くと
お米の一粒がふっくら炊けて、
しかも柔らかくなるのでとても食べやすくなります。

なので、玄米を圧力釜で炊く方が多いですね。

なぜ圧力釜だとごはんがふっくら炊き上がるのか。

まず、普通の圧力釜だと鍋の中の気圧が1,5気圧になります。
そうなると、通常(1気圧)では沸点が100℃ですが、
最高で125℃になります。
そこまで高温になると組織が破壊されるのが早いので
煮上がるのも早い。

玄米はぬかを被ってるので、
その殻を破壊しないと中のお米部分のおいしさが出ないわけでして、
そこんところを素早く破壊してくれるのが
圧力釜のいいところです。

ただ、中のお米部分の組織の破壊も進みすぎると
柔らかくなりすぎちゃうわけでして・・・

圧力式の炊飯器は最高でも1.3気圧なので、
圧力釜ほど高温になりません。
炊飯器は「ごはんを炊くスペシャリスト」なので、
ごはんに最適な気圧をかけてくれます。

各社比較すると1.2〜1.3気圧で炊き上げます。
そうなると釜内は105℃〜107℃になるので、
ぬか部分も破壊してくれるけど、
お米部分はやわらかくなりすぎない
ちょうどいい玄米ごはんに炊き上がります。

多分この辺りの気圧がお米にとって最適なのでしょうね。

玄米を食べやすく炊いてくれるのは断然
「圧力式」炊飯器をお勧めします!!
って言いきっちゃいます。

最近は「酵素玄米」なるものもブームになっていて、
玄米専用(?!)炊飯器も発売されてますよね。

そして、玄米炊きの重要ポイント
ちゃんとお米に水を吸わせるところも
炊飯器の腕のみせどころですから、
玄米を研いで、炊飯器にセットして
炊飯ボタンを押しちゃえば
「吸水」から「蒸らし」まで面倒を見てくれます。

まさに、玄米を手間をかけずに上手に炊いてくれるのが
「圧力式」炊飯器のいいところだと思います。

現在、三菱さん以外は
「圧力式」を採用しています。
各社個性がありますので、自身に一番合うメーカーを
探してみてはいかがでしょうか。

各社比較はコチラからどうぞ
象印さんの炊飯器の特徴と選び方
パナソニックさんの炊飯器の特徴と選び方
タイガーさんの炊飯器の特徴と選び方
日立さんの炊飯器の特徴と選び方
東芝さんの炊飯器の特徴と選び方


コチラも合わせてどうぞ

t_rice_a01.jpg


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: