個人的なごはん感

私は子供時代は関西で過ごしたので、
「口当たりがいいごはん」がおいしいごはんと思ってました。

口当たりがいいってのは
そんなに噛まなくてもごはん粒が口の中に溶けて
でんぷんの甘みがじわーーっと出てくるような。

一般的にいうと「柔らかいごはん」ってところでしょうか。

実際関西方面の外食屋さんでも
そういうごはんがスタンダードだったので、
それが「おいしいごはん」の基準となってました。

その感覚で言うと、
粒がしっかりした俗にいう「硬いごはん」ってのは
水分量が少なくて、もっちり感もないので、
口の中でモソモソする為、でんぷんの味も感じることなく
その不快感で「おいしくない!」って決めつけてました。

そんなごはんなので、すし飯やカレー、チャーハンなど
味付けごはんにしないと食べられないものと思ってました。

そして、社会人になり、
何の因果か、東京に住むことになりまして、
和食店で出されるごはんにびっくりいたしました。

何でこんなつぶつぶ感たっぷりなん?

でも関東の人はそれがスタンダード
たまにわたし好みのしっとりごはんが出てきた暁には
「なに!このべっちゃりごはん!!」
と全否定(^^;

正直、ふつうの定食屋で出される「ごはん」はイマイチ好きではありませんでした。

そして、ひょんなことから「家電販売員」の仕事を
はじめることになりまして、
その時、ちょうど10万円の炊飯器が
話題になっていました。

「はあ( ゚Д゚)、炊飯器に10万円なんてアホちゃうか〜」

なんてバカにしてましたが、
その実演ごはんに驚愕いたしました。
まず、口の中に入れると
芳醇なごはんの香りが鼻に向けて抜けていくのです。
ごはんつぶはしっかり目なのに、
数回噛むと、ごはんの甘みがじわ〜〜っと
口の中に広がっていきます。

まさしく、私が今まで体験したことがない世界に
ごはんが連れてってくれた瞬間でありました。
本当に、ごはん粒を噛むことが楽しくなるごはん。

それが、三菱さんの本炭釜です。
s_honsumi.jpg
(価格.comのWebサイトより)

私が出会ったときはこんな形をしていました。
今はこんな形をしています⇒三菱本炭釜

そして、各メーカーの炊飯器のごはんも色々試食してみて、
全く同じ条件で炊飯実演しているのに、
「硬さ柔らかさ」、「もっちり感」とかが全く違うんです。

まさに、炊飯器とごはんの奥深さを感じました。

それからというものの、すっかり炊飯器の魅力にハマり、
様々な機種の試食をして、
その特徴を自分の五感で感じて
それをお客様にお伝えしていこうと思ったのでありました。

そして今に至っている次第です。

関東と関西だけでもごはんの違いが歴然なので、
他の地方も含めると、ごはんの好みって
人それぞれになってくるし
本当は「おいしいごはん」の線引きなんてできない
ものであると思います。
なので、お客様の好みを伺ったうえで、
最適な機種をおすすめしていくのがモットーでございます。

それをWeb上でも極力再現できるよう努力していきたいと
思ってます。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今月よく読まれている記事
価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: