おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  新商品情報 >  2017年の商品リニュアルまとめ②/炊飯器開発は大手メーカーからジェネリック、ベンチャー系へ移行?!

2017年の商品リニュアルまとめ②/炊飯器開発は大手メーカーからジェネリック、ベンチャー系へ移行?!

0f78cc126753b0ee255a5834439f0e2e_s.jpg

2016年末から2017年にかけての
大きな動きとしては
言わばジェネリック家電、ベンチャー系メーカーから
次々と新商品が出てきています。

今回は、そんな大手メーカー以外の
企業からの炊飯器を
ニュースリリースからチェックしたいと思います。

まずは、「ジェネリック家電」の代表格
アイリスオーヤマさんから
5.5合サイズのIHジャー炊飯器
「銘柄炊きIHジャー炊飯器5.5合」を発売。


アイリスオーヤマさんは今まで
3合タイプの小容量炊飯器を主に出してきましたが、
今年初めて5.5合タイプの
IH炊飯器を出してきました。

低価格タイプでは珍しく
銘柄米の炊き分けが充実しているところが
一番の売りといったところでしょうか。
以前からいろんな銘柄のお米も販売している
メーカーさんなので、
それらを美味しく炊くコンセプトのもとの
開発だと思われます

IHタイプで
参考価格が19,800円なので、
低価格でIHタイプをお探しの方には
丁度いい価格帯ではないでしょうか。

ニュースリリース
大火力ときめ細やかな温度調整でお米の味わいを引き出す
当社初となる5.5合サイズのIHジャー炊飯器「銘柄炊きIHジャー炊飯器5.5合」を発売
http://www.irisohyama.co.jp/news/2017/0118.html

2016年の年末から
発売すると一気に話題になりました
愛知ドビーさんが、
炊飯器「バーミキュラ ライスポット(VERMICULAR RICEPOT)」を
2016年12月1日より発売。


バーミキュラブランドを作っている
愛知ドビーさんは
家電メーカーでなく、
元々は鋳造メーカーとして、
工業用品を製造していたようです。

その技術を生かして
独自の鋳物ホーロー鍋を開発し、
その鍋でごはんと炊くととてもおいしいという
ユーザーからの声が多数あった為
開発された商品とのこと。

バーミキュラの「鋳物ホーロー鍋」というのは
溶かした鉄を鋳型に流し込んで
鍋のかたちにし、
表面にガラス質の釉薬を高温で焼きつけて
製造されています。
その技術が結構大変で
なかなか簡単に作れるものではないそうです。

●鋳物ホーロー鍋は炊飯に最適?!
ライスポッドの熱源はIHです。
鋳物ホーロー鍋はそもそも鉄鍋なので、
IHの熱効率が抜群。
この鍋単体で普通のIHコンロで使うこともできます。

ただ、ライスポッドのIHヒーターは
ごはんに最適な加熱方法をプログラムされています。
その部分は「炊飯器」と呼べる部分ですね。

そして内側もホーローコーティングなので、
まず、炊き上がったごはんがこびりつかない。
そして、ごはん以外の調理を
同じ鍋でやっても
においなどが付きにくいという利点があります。

そして、ホーローは
通常炊飯器に使われているフッ素コートと比べても
はがれにくく丈夫であります。

じゃあ、他のメーカーも
ホーローコーティングにすればいいじゃん!
と思われがちですが、
ガラス質なので、その分内釜が重くなります・・・

そもそも、この技術が愛知ドビーさんの
独自の物なので、
他社はマネできないんでしょうね。

一見良さげな鍋ですが、
正直重いです。
鍋だけで重量約4キロあります(^^;
何せ、素材が鉄とガラスですから
それくらいの重量になるのは当然。

それから、ホーローはガラス質なので
衝撃には弱いです。
剥げる心配はありませんが
鍋を落としたり、ぶつけたりしないように
気を付けなければなりません。

まあ、この鍋でお米を研ぐのは大変。
筋トレか、はたまた腱鞘炎になるレベルですので
洗米は別のボウルなどで行うことになります。

●粒の輪郭がしっかりした、噛みごたえのあるごはん
以前実演ごはんを試食しましたが、
食感は超しゃっきりです。
圧力を使っていない三菱さんより
粒しっかりに炊き上がります。

なので、すし飯っぽいごはんや
ガス炊きのごはんの食感が好きな方には
ピッタリだと思います。

逆に言うと、圧力炊きのような
ふわっともっちり感はあまりありませんので
そういうごはんがお好きな方は
あまりお勧めできないかな。

メーカーさんのお勧めとして
やわらかいごはんが好きな方は
水を多めにして炊くことをお勧めしていますが、
柔らかいのと、もちもちは別物ですからねえ。

なお、バーミキュラライスポッドは
2017年6月現在
インターネットではメーカーオンラインショップのみ。
取扱いショップも
大型家電量販店や百貨店になりますので、
実物をご覧になりたい方は
公式HPの「取扱ショップリスト」で
検索いただくのをお勧めします。
http://www.vermicular.jp/shoplist/

その他、商品の詳しい情報は
下記の公式HPからどうぞ。
バーミキュラ ライスポッド
http://www.vermicular.jp/products/ricepot/




大手メーカーを含め、
最近の動向を見ていくと
炊飯器開発に本気で取り組んでる所と
そうでないメーカーの差が出てきた気がします。

そして、ごはん自体も世間の好みの波が
ありますから、
今までの圧力タイプ特有の
弾力があるもっちり感のあるごはんが
もてはやされてきた時代から
粒の輪郭がしっかり残った
すし飯っぽいごはんに
移行し始めてるのかもしれません。

その風穴を開けたのが
バーミキュラさんや、
小容量釜を出したバルミューダさんなのかもしれません。

大手メーカーは
これら新勢力の動向を見て
自社商品をどう見直すか、
来年以降どうなるでしょうかね。

まあ、売れていれば
それに乗っかることもあるでしょう。

コチラも合わせてどうぞ

t_rice_a01.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: