FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胚芽米、金芽米は精米方法の違い

前回「玄米」のことを書きましたが、
今回取り上げます3種類は
玄米からぬかを取り去ったお米たちです。

それぞれ微妙に違いがありますので
どの辺を詳しく書きたいと思います。

胚芽米


正式には「胚芽精米」といいます。
なので、どっちかというと白米に近い部類。

玄米からぬかを削って
胚芽部分を残したものが「胚芽米」です。

図で表すとこんな感じです。

種子として考えると
この胚芽の部分から
胚乳の養分や水や日光から
力をもらって芽を出す部分。

ですので、この部分も
色々な栄養素を含んでいます。

その中でもビタミンB1、ビタミンEが
豊富に含まれております。

以前の玄米でも説明しましたが
ビタミンB1はブドウ糖の代謝に必要な栄養素、
ビタミンEは細胞の抗酸化作用がある栄養素なので
健康に気づかう方には
ぜひ取りたいビタミンですね。

特にビタミンEは玄米の状態と
それほど変わらない量含まれています。

健康の為に玄米を食べたいけど
食感や味に抵抗がある方は
胚芽米から初めるという
手もあります。

ただ、胚芽米の場合は
お米を研ぐ場合、やさしくしないと
胚芽部分が取れてしまいます。

取れた胚芽は水に浮くので
研ぎ汁と一緒に流されてしまい
胚芽米を食べる意味がなくなりますので

とにかくあまり強く研がないことを
お勧めします。

金芽米


こちらも基本「精米」されていますが、
ちょっと特殊な方法になります。

まず、ぬかと胚芽は取り除かれますが
胚芽と胚乳の間の基底部を残し、
ぬかと胚乳の間にある亜糊粉層も残して
精米しています。

この「亜糊粉層」はうまみ成分であるとともに、
リポポリサッカライド(LPS)という栄養素が
豊富に含まれています。
この栄養素は免疫力を高めてくれるビタミン
として、最近注目を浴びています。

そして、この部分はオリゴ糖も含んでおり
白米よりも甘くおいしいとのこと。

その他、ビタミンBやE
食物繊維などの栄養素も
白米よりもたくさん含んでいるので
最近は販売量も伸びてきているそうです。

しかしながら、この「亜糊粉層」は0.01ミリ。
それを残す精米技術を開発したのが
東洋ライス」さんです。
現在も精米は
東洋ライスさん1社のみです。

そして金芽米は無洗米なので
お米を研ぐ必要がありません。
ただ、精米技術が特殊なので
計量カップが専用の物か無洗米用を
使う事になります。

炊き方に関しても、白米と比べて
若干異なる部分があります。
ちょうど金芽米の炊き方の
専用ページがあったので、
一応リンクを貼っておきます。
金芽米の炊き方・保存法 - 東洋ライス株式会社

ちなみに、「金芽米」の名前の由来は
胚芽の基底部が金色に
見える為だそうです。

ただ、この基底部が
すべてのお米に残っているわけでは
ないとのこと。
まあ、この部分より「亜糊粉層」を
残すことに重点を置いたものなんだと
思います。




「胚芽米」、「金芽米」は
簡単に言えばお米の「精米方法」の違いです。

一般に食べられている「精白米」は
栄養素で言うと「糖質」以外は
殆ど含んでいないので、
元来お米に含まれている栄養素も
できるだけおいしく摂れるよう
精米技術も発展してきました。

なので、おいしく食べる部分と
栄養素を取る部分のバランスを
考えてお米を選ぶという考え方も
アリだと思います。

お米は「銘柄」だけではない。パッケージに書かれてるお米の種類 <<

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。