おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  炊飯器小話 >  「冷凍ごはん」をおいしくする条件

「冷凍ごはん」をおいしくする条件

新規に炊飯器市場に進出してきました
バーミキュラさんやバルミューダさんの炊飯器には
保温機能がついてません。

その理由として、
炊飯器を利用する人にリサーチしたら
「保温機能を使う人が少ない」
という事だそうです。

じゃあ、食べきれなかったごはんは
どうするか。
おそらく殆どの人が冷凍保存をすると思います。

では、その冷凍ご飯のおいしさに
どれくらいの人が満足しているでしょうか。

今回はどうすれば
おいしい「冷凍ごはん」にする事ができるか
という観点で書いていきたいと思います。

実は「解凍」の仕方より「冷凍」の仕方の方が重要


よく某レシピサイトなどで
「ごはんをおいしく解凍する」レシピをよく見かけます。

通常、ラップに包まれた冷凍ご飯を
そのままレンジにかけると
ご飯の水分量が多くて
全体的にべっちゃりしたごはんになるし、
だからといって、ラップを外してチンすると
表面の水分が抜けて
へたすると、ごはんがパリパリになったりします。

ただ、それは食感の話

それより、もっと大事なこととして
ごはんの風味、味が炊き立てごはんと
全く違うと思います。

炊き立てご飯と同じ風味、味を守りたいならば、
それは「冷凍」するときが重要なのです。


実はこの立ち上がる湯気の中に
ごはんのうまみ成分があるので、
これも併せて冷凍しないと
美味しいご飯になりません。

なので、アツアツの時にラップに包むことで
この湯気も閉じ込めることができます。

すなわち、
この湯気を逃がして冷ましてしまうと
その時点で風味、味が
抜けてしまうわけですね。

しかしながら、ラップで密閉したまま
あら熱を取るため室内で放置すると
どうしてもラップの表面に水滴がついてしまい、
その状態で冷凍すると
解凍したときに
ぺっちゃりごはんになってしまいます。

そこで、一番のいい方法は
アツアツをラップしたらすぐ冷凍する事なのです。

旨みを持った湯気が
ご飯から出ていかないうちに
冷凍することによって
ごはんに風味、味もしっかり残るし、
何よりも
ラップに水滴が充満しないので
ぺっちゃりごはんになりにくくなり、
食感も抜群になります。

しかしながら、それが可能なのは、
熱いまま冷凍できる機能がついた冷蔵庫に限ります。

通常、そういう機能がない冷蔵庫は
熱い物をそのまま冷凍室に入れると
一緒に入れてる冷凍ものが傷んだり
冷蔵庫自体に負担がかかることがあるため
「やってはいけない」事項になってます。

炊飯器側にも「冷凍ご飯」モードがあったりしますが、
究極においしい「冷凍ご飯」にするのなら、
ハイグレードな冷凍機能をもった
冷蔵庫も必要という事になります。

まあ、バーミキュラさんの炊飯器を買う方って
それなりにお金に余裕があると思いますので(^^;
おいしいごはんを食べる為に
冷蔵庫にも気を配ってはいかかでしょうか。

コチラも合わせてどうぞ

t_rice_a01.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

今月よく読まれている記事
価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: