おいしいごはんが食べたいっ/元家電販売員が炊飯器を語る TOP  >  3合炊き >  【2017年最新】高級ミニ(3合)炊飯器比較。バルミューダ参入でどう変わる?!

【2017年最新】高級ミニ(3合)炊飯器比較。バルミューダ参入でどう変わる?!

以前記事にしました
【2016年最新】高級ミニ(3合)炊飯器比較。結局何がどう違う?
から1年経ちまして
それ以降に発売された新機種?!について
書いていきたいと思います。

なぜ新機種?!なのかというと
まあ、そんなレベルなんで(^^;

なお、紹介する商品は
2017年5月現在の最新商品になりますのでご了承をm(__)m

最上位機種のミニタイプ


TIGER 3.5合 土鍋圧力炊飯ジャー JPX-062X

◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:陶器
内釜保証:なし
その他機能:炊飯メニュー数9*、保温24時間、洗浄コース、モーションセンサー&タッチパネル
外形サイズ(㎝)/質量(kg):23.8×27.7×21.8/約6.2

◇発売日◇2016年 6月21日
finger01.gif価格情報はコチラ⇒|Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
*エコ炊き、極うま白米、早炊き、炊き込み、おかゆ、玄米、雑穀米、おこわ、麦めし



三菱電機 IHジャー炊飯器 本炭釜 3.5合炊き NJ-SW068

◇スペック◇
炊飯方式:IH
内釜素材:炭素素材(純度99.9%)
内釜保証:なし
その他機能:炊飯メニュー数10*、匠芳醇炊きモード、バックライト液晶
外形サイズ(㎝)/質量(kg):23.1×28.9×20.4/約4.3

◇発売日◇2017年 5月21日
finger01.gif価格情報はコチラ⇒|Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
*白米、無洗米、発芽米、胚芽米、玄米、雑穀米、炊込み、おかゆ、すし、おこわ

上記の2機種は
それぞれのメーカーさんの上位機種の
小型版。
タイガーさんは最上位のJPX-102X
三菱さんは2番手のタイプになります。

前年モデルと比べると
どちらもボディ色が変更されたくらいの違いで
大幅なシステムの変更はなし。

タイガーさんは
「フロストブラック」⇒「シルキーブラック」に
変更。
ボディ色がより黒くなりました。

三菱さんは前回「ブロンズ色」という
斬新なボディ色を出してきましたが
今年は白と黒の2色になりました・・・

その辺のところは気にせず
普通にごはんのおいしさを求めるなら
前回モデルで問題ないと思います。

finger01.gifタイガーさんの前回モデルはコチラ⇒JPX-A061

finger01.gif三菱さんの前回モデルはコチラ⇒NJ-SW067


独自タイプ

ここからは小容量独自のモデルになります。

パナソニック (3合炊き)おどり炊き SR-JX056

◇スペック◇
炊飯方式:圧力IH
内釜素材:多層釜(アルミ、ステンレス、中空セラミックス)
内釜保証:3年
その他機能:炊飯メニュー数6*、4種銀シャリ炊き分け、高速炊飯、エコ炊飯、保温24時間、フルドット液晶
外形サイズ(㎝)/質量(kg):24.3×30.7×19.1/約4.7

◇発売日◇2016年 9月1日
finger01.gif価格情報はコチラ⇒|Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
*白米/無洗米・玄米・雑穀米・炊込み・炊きおこわ・おかゆ

パナソニックさんの5,5合タイプと比較すると
スチーム機能はついてませんが、
モーターと弁で釜内の圧力を
調節するところは上位機種と同じです。

まず、機能での違いは
玄米炊き分けコースができました。
(ごはん、やわらかごはん)

それから、地味ですが
「少量炊飯」がなくなりました。
まあ、元々1合とか少量で炊くのがメインだから
その機能いる?って感じで
なくなったんでしょう。

デザインでの違いで言えば
こちらが昨年からある「豊穣ブラック」

それに「豊穣ホワイト」が加わり
2色展開になりましたね。

それから、ボディサイズがちょこっと大きくなりました。
前回モデル:22.7×28.5×19.1
⇒今回モデル:24.3×30.7×19.1

玄米炊き分け機能が付いた分
ボディサイズが大きくなったのかという事でしょうか。

玄米の炊き上がりを重視するなら
新機種がおすすめですが、
白米重視なら旧機種で
問題ないと思います。

あと、白ボディがお好きなら
新機種でどうぞ。
finger01.gifパナソニックさんの前回モデルはコチラ⇒SR-JX055



バルミューダ The Gohan K03A

◇スペック◇
炊飯方式:マイコン
内釜素材:ステンレス
内釜保証:なし
その他機能:炊飯メニュー数5*、保温機能なし
外形サイズ(㎝)/質量(kg):27.5×25.1×19.4/約4.1

◇発売日◇2017年 2月
finger01.gif価格情報はコチラ⇒|Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング
*白米、早炊き、玄米、炊込み、おかゆ

今年の3合釜の目玉は
満を持して新規参入してきた
バルミューダさんの炊飯器でしょう。

数々の画期的な調理家電をリリースしてきてますが、
炊飯器に関しても
今までの常識を覆すシステムになってます。

●蒸気の熱で炊き上げる

まず、マイコンかIHかというと
電熱線で発熱するため「マイコン」方式になります。
単純にスペックだけで判断すると
??って感じですが、
その熱を直接内釜にあてるのではなく
スチームを作るための物であって、
その蒸気熱を使って
内釜を熱くするというものです。

(画像:Amazon)

この画像で言うと
一番上の鍋(内釜)にといだ米と水をいれて
真ん中の鍋(外釜)に200ccの水を入れて
セッティングします。

熱源は下側なので、
外釜を熱する事により蒸気が発生して
内釜に伝わることで
炊飯するとのこと。

なんて、しくみを説明すると
何だか小難しい感じがしますが、
要するにごはんがおいしければいいわけで・・・

まあ、考え方としては
せいろにといだお米をいれた鍋をいれて
そのまま鍋ごと蒸すってところでしょうか。

●おかずを美味しくするごはん?!

メーカーさんのHPによると
「どんなおかずとも相性抜群」
なごはんが炊けるようです。
おかずを美味しくするごはんが
メーカーさんのコンセプトなようです。

一般的においしいと言われてる
ごはんの特徴は
「粘り」があって、
「甘み」があるものが通説でしたが、
バルミューダさんの場合
他の食材との混じわりも抜群で
卵かけごはんやチャーハンにすると
口の中でほぐれやすいとのこと。

「粘り」があると粒どおしがくっつくので
恐らく「しゃっきり」系のごはんと思われます。

「しゃっきり」系でも
噛めば噛むほど甘みが出てくるごはんもあります。
そうなると、おかずより
ごはんが主役になったりするんですよね。

圧力式は釜内の温度が100℃以上になるため
ご飯の粘りを多くします。
しかしながら、この炊飯器は
スチームを熱源としており、
釜の温度は100℃以上にはならないと思われます。
なので、「もちもち」ではなく
「しゃっきり」なごはんが炊けるのは
理論的にはそのとおりだと思います。

まあ、メーカーコンセプトに共感される方は
選んでも損はないと思います。

とにかく、試食する機会がないので
どんなごはんが炊けるのかは
推測の話にはなりますが・・・

●さすがのデザイン

羽釜の形状をスタイリッシュにしたデザイン。
バルミューダさんの人気の秘密は
機能性だけでなく、デザインも重要視しているところですね。

こういう部分は
他メーカーさんも見習ってほしいです。

おいしさも必要ですが、
やはり毎日顔を合わせるわけですから
自分の家のキッチンに
スタイリッシュな物があるだけで
女性は何だかうれしいわけで(^◇^)

男性にはわからんかもしれんけどね。



昨年は各メーカー新作を出してきましたが、
今年は大手では3社のみ。

ただ、大々的にはボディ色を変えただけなどの
マイナーチェンジになりました。

しかしながら、以前どこかにも書きましたが、
パンフレットに載ってない
ハード面のシステムのマイナーチェンジが
されてる場合があります。

なので、お金に余裕があれば
その面で新モデルの方をお勧めします。
ただ、されてない場合もあるので
あまり大きい声では言えませんけどね(^^;

まあ、タイガーさん、三菱さんは
高級3合釜を比較的早い時期から出しています。
パナソニックさんも
「家電」がメインのメーカーさんなので、
昨今の家庭事情なども考慮して
小容量炊飯器にも力を入れてると思われます。

なので、モデルチェンジも頻繁なのだと思います。

そして今年はバルミューダさんが加わり、
小容量炊飯器の市場の今後が
とっても面白くなってきそうです。


関連記事

t_rice_a01.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: