炊飯器の内釜の素材を比較してみる(単一素材の釜編)

内釜の話の続き多層釜の話はコチラ⇒炊飯器の内釜の構造を比較してみる(多層釜編)単一素材釜 こちらは最近の高級釜に多く採用されてます。 その素材によって、結構個性的なごはんが 炊けたりします。また、IHの加熱方法がその素材に合ってるのか疑問な物もあったりします。※あくまでも個人の意見です。●炭素素材 三菱さんの「本炭釜」がそれに当たります。 純度99.9%の炭素素材を使ってます。 こちらの利点は炭素素材が磁力線に...

続きを読む

炊飯器の内釜の素材を比較してみる(多層釜編)

昨今、内釜にも様々な素材が使われるようになりました。その目的は「火力を大きくして釜内の温度を素早く上げる」為なのですが、どう見ても、その目的でないと思われる物もあったりします。その辺りを分析していきたいと思います。多層釜タイプ IHジャーに使われてる殆どの内釜がこのタイプです。 元々IHジャーが普及し始めたころ、どのメーカーも 発熱物質は「ステンレス」だったのですが、 何せ「熱伝導率」が良くない。釜内の温...

続きを読む

炊飯器の内釜の材質は重要視すべし

「この内釜がごはんをおいしくする!!」とか「内釜の材質がいいとご飯がおいしくなる!」とかパンフレットに書かれてたり販売員さんが連呼してたりしますが、内釜ってそんなに重要か?って疑問をお持ちの方も多いと思います。答えははい「重要です」今回は、どのように重要かをお話したいと思います。ごはんのおいしさは「火力」で決まる。漠然と「火力」と書きましたが、まず火をつけてから、釜内の温度上昇が早ければ早いほどご...

続きを読む

炊飯器の内釜(内なべ)はどこで売っている?

「今使っている炊飯器の内釜だけを買いに来た。」と、お店にやってくるお客様もごくたまにいらっしゃいます。しかしながら、内釜は通常お店に置いてるものではないので、部品としてお取り寄せする事になります。内釜(内なべとも言う)は同じメーカーの中でもいろんな機種があるので、その機種専用の物でないと正常に動きません。なので、内釜を取り寄せたい時は、「型番(かたばん)」を調べて下さいませ。型番というのは、アルフ...

続きを読む

コーティングが剥がれた内釜はそのまま使っても大丈夫なのか

使っている炊飯器がダメになる原因として内釜のコーティングが剥げた。という方がとても多いように思います。「コーティングが剥げただけで、炊飯は問題なくできるけど、そのまま使っていて大丈夫なのかしら」と、思われる方も多いかと思います。まず、フッ素コーティングが剥げたからといって身体に直接的な影響はありません。極端な話、コーティングの破片を誤って食べてしまっても排泄物と一緒に身体の外に出てしまうので体内に...

続きを読む

価格比較


ブログランキング
にほんブログ村 PC家電ブログ キッチン家電・生活家電へ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: